検索方法
古河テクノマテリアル古河テクノマテリアルホームへ製品分野企業情報サイトマップ古河テクノマテリアルへのお問い合わせ
 
形状記憶・超弾性合金 古河NT合金
製品事業部概要NT合金の応用技術資料FAQ


古河の形状記憶合金・超弾性合金(古河NT合金)について

1. 超弾性合金

2. 形状記憶合金

3.NT合金の特性
通常の金属材料は、外部応力により弾性域を超えて変形を加えると、 応力を除いても弾性変形分しかひずみは戻らず永久変形が残ります。
通常の金属
ところが形状記憶合金では(変態温度以下で)弾性域を超えて変形を加えると、見かけ状の塑性変形はしますが、(変態温度以上に)加熱するとひずみが消えて元の形状に戻ります。
超弾性合金は、(変態温度以上で)弾性域を超えて変形ひずみを加え、通常の金属の弾性域の10倍もの変形をしたものが、外部応力を除くと変形ひずみが消えて元の形状に戻ります。
NT合金

4. 多彩な合金群
古河NT合金は、多彩な合金系をラインナップして、お客様の多彩なご要望にお応えします。
効果 記号 合金系 変態温度
範囲(℃)
回復
ひずみ(%)
温度
ヒステリシス(℃)
耐久性 応用例
形状記憶効果 NT-M
NT-LS
Ni-Ti
Ni-Ti-Fe
0〜70 1 2〜3 >1,000,000 センサ、
アクチュエータ
(長寿命)
NT-H Ni-Ti-Cu 50〜80 5〜6 10〜15 10,000〜50,000 センサ、
アクチュエータ
(大ストローク)
NT-M Ni-Ti -10〜100 6〜8 20〜40 <100 コネクタ、
継ぎ手

効果 記号 合金系 変態温度
範囲(℃)
超弾性応力(MPa)
[kgf/mm2]
応力
ヒステリシス(MPa)
[kgf/mm2]
特長 応用例
超弾性効果 NT-E
NT-L
Ni-Ti
Ni-Ti-Fe
-20〜50 294〜588
[30〜60]
245〜428
[25〜45]
長寿命
良加工性
各種ばね素子、
アンテナ芯線、
ブラジャーワイヤ
眼鏡フレーム、
歯列矯正ワイヤ他
NT-N
NT-RA
Ni-Ti
Ni-Ti-Cr
490〜882
[50〜90]
高超弾性応力
NT-HR Ni-Ti-Cu-Cr 294〜588
[30〜60]
98〜294
[10〜30]
低応力
ヒステリシス

5.製造体制
当社では、溶解から成形・部品加工などの二次加工まで、一貫した製造体制を取っております。そのため、きめ細かな品質管理、スピーディーな製造・開発を行なうことができます。
製造体制図
熱間圧延機 渦流探傷機
熱間圧延機 渦流探傷機
連続焼鈍炉
連続焼鈍炉
 


戻るページの先頭へ
当サイトについて